Anxiety Extract

不安定ヱキス / Anxiety Extract : ver3.0 > 文

自分の尻尾を追いかける犬のように廻る日々。廻りながら進む螺旋はドリル。進行方向は見えない。

シダタクマが書いています。 

↑↑↑

文でタグ「散文」が付けられているもの

虚言 > 不定形 >

霧の夜

| 2008年9月22日 01:04:20 |

バスを待ちながら、薄く霞む駅からの景色を眺めていると、何か思い出しそうな錯覚に陥る。
まるで何か思い出す記憶があるみたいな錯覚を起こす。

街灯を反射して、霧の夜の空はぼんやりと白い。

ぼんやりと白い霧の夜は、明日が来なければいいような気になる。

霧の夜でもバスは走るのに。